テント倉庫の山口産業株式会社新ブランドメンブリー membry

TENT MEISTER

総務部

テントマイスター一覧
顔写真・総務

社内の問題を解決する事でその先にいるお客様まで、山口産業のサービスが伝われば幸いです

こりゃ

平成28年9月 マーケティング担当 総務部

吉村

平成18年6月 総務部

1.それぞれの仕事を短く説明してください。

吉村:総務の業務、社内庶務の窓口、ネットワークの管理、webサイト管理、営業販促のフォロー(パンフ・イメージパース)、注文関連のデザインデータ対応等です。

こりゃ:私は、新しい製品の開発の際に、どのような市場があるのか、お客さんはどこにいるのか、競争相手は誰なのか、製造部と営業部と一緒に相談したりして、会社の目的やイメージによって、製品の戦略を準備します。この戦略は、営業さんが使えるマーケティングツールにします。吉村さんと一緒にホームページ、チラシ、カタログのデザインや内容を作成します。私の仕事はつまり、製品のコミュニケーションとイメージを作ることです。

2.具体的に、1日の作業を聞かせてください。

吉村:ルーチンワークとしては、ISOの管理責任者も担当しているので、注文伝票の起票内容の確認、不足分の周知~変更の記録、請求書・入金確認までチェックします。
また社内対応として、各社員からの社内的な問い合わせ、パソコン・ネットワークの不具合対応など突発的な対応もしています。他にホームページの管理、営業からイメージパースの依頼があれば対応しています。

こりゃ:私の仕事は毎日変わっていきます。毎日繰り返す作業ではなくて、何週間、何ヶ月のプロジェクトで分かれています。担当しているプロジェクトの締め切りと進んでいる感じを判断して、毎日のスケジュールを変更します。山口産業のマーケテイングというと、私一人なので、同時にプロジェクトが何個もありますから、「今朝は製品開発で、午後はウェブページの作成をする」という感じです。営業さん、プロジェクトのメンバーたち(設計、製造など)との打ち合わせも結構あります。

3.通常の業務以外は、どんな仕事をしますか?

こりゃ:展示会の出展なども準備します。展示会は、当日も参加しますから、このような場合外出があります。そして、私の仕事はだいたい事務所の仕事なのですが、社内ではできない仕事があります。市場のことをもっとわかるために、業界に関する展示会にも参加します。

4.リーダーとして、あなたの役はなんですか?

吉村:総務部だけに限りらず、社内業務の効率を上げていくことと思います。例えば、事務処理をIT化する事で、効率が上がらないか。また社員が困っている部分をサポートして解決出来ないか。社員や社内の問題を少しでも理解して解決出来るようにと考えているつもりです。

5.山口産業に入ったきっかけは?

吉村:11年前に転職してきました。デザイン関係の職種を探していたところ、ご縁がありました。

こりゃ:私はフランス人ですから、フランスの大学でインターンシップをしないといけませんでした。最初は、地元で膜材を造るセルジュフェラーリ社でインターンシップして、日本語を勉強してたので、フェラーリジャパンでインターンシップをしに行きました。この経験があって、膜材、膜構造という業界で専門化したいものがありました。大学院に入ったら、フェラーリ社の膜材はどうやって製造するのか、もっと知りたくて、メーカーさんで体験をしたかったのです。フェラーリジャパンの社長の推薦で山口産業でインターンシップをしてから、山口社長から「入ったらどう?」と言われた時に、大学院を卒業せずに入ることにしました。

6.仕事をしていて「楽しい」と思うことはなんですか?

吉村:大変と思う依頼もどうにかこなす事が出来た時はホッとします。また自分は3Dイメージも少し出来るので、現物が無い段階で疑似的に完成品を仮想空間で確認できるのは楽しいですね。今でいうVRのような疑似感覚ですか。

こりゃ:一つは、毎日の仕事が繰り返さないので、「仕事がつまらない」と思いません。プロジェクトがどんどん進んでいって、終わったら、プレゼンする時やチラシを印刷する時にすごく嬉しいです。あともう一つは、ずっと建築に興味あったので、膜構造建築のことを勉強になっていきますから、知識を増える仕事をして、それは楽しいと思います。

7.社員として、プライドや誇りを感じたことがありますか?

吉村:山口産業がより多くの人に知ってもらえるようにwebプロモーションを通して広めることに誇りを感じます。まだ道半ばですが。

こりゃ:最近の話であれば、「テーマパークEXPO」に山口産業が出展しましたが、東京ビッグサイトでみんなで考えたブースを立てて、吉村さんと一緒に作成したチラシ、パネルをブースに置いて、お客さんから「格好いいブースだよ!」って言われた時に、会社のイメージを見せることができたので嬉しかったです。

8.エピソードや面白い話はありますか?

こりゃ:山口産業は、佐賀本社なので、最初来た時に、びっくりしました。みんなは佐賀弁で話しています!日本語の勉強はしていましたが、佐賀弁は標準語と全然違います(笑)。今は、佐賀弁が理解できるようになったので、大丈夫ですけど、最初は、毎日一緒に働いている吉村さんとのコミュニケーションは…面白かったです!

9.どのような人と一緒に働くのが好きですか?

吉村:前向きで、裏表のない人がいいですね。相手の気持ちを理解できる人もです。
山口産業には、だんだんそのような人が集まってきていると思います。
”類は友を呼ぶ”ですか(笑)

こりゃ:やっぱり前向きな人がいいと思います。あと、熱意で仕事をする人と一緒に働くのが一番好きだと思います。そして、広い理解力のある人が、国際化、異文化していく会社の中で大事だと思います。

10.山口産業の社員として、自分の目的・目標はなんですか?

吉村:私は、社内の万屋的立場と思います(知識は乏しいですが)ので、私に相談する人が私のお客様と理解しています。
その人の問題を解決する事で、その先にいるエンドユーザーまで、山口産業のサービスが伝われば幸いです。

こりゃ:業界の知識を増えて、日本語の能力をもっとよくして、山口産業の本当の心をお客さんに見せいきたいと思います。会社の人と話したら、みんなはどんなに自分の仕事が好きなのか、わかっていきます。コミュニケーションツールを使って、この気持ちを伝えたいと思います。

11.将来の自分はどのように想像していますか?

吉村:webサイトの拡張とITソリューションを自由に活用出来るようになりたいですね。また、3Dツールももっとリアルに表現出来るようになりたいです。まだまだ知識不足なんです。

こりゃ:マーケティングなので、営業との別のツールでお客さんにメッセージを伝えることができ、声も間接に聞こえるので、このような仕事で続けていきたいと思います。将来は、大きなプロジェクトの責任を持つようになりたいと思います。

12.自分の強みは何ですか?今からどうやって貢献したいと思いますか?

吉村:知識不足・学習能力不足ですが、相談される間は、「頼られている」事が、新たな学習になります。社員の皆さんが、少しでも仕事をしやすくなればいいです。その仕事でテント・膜を通して貢献出来れば、何よりです。

こりゃ:確かに、言語ですよね。
海外の買い付け先と早く連絡が取れますし、フランス語か英語の訳も出来ますし…そして、フランス人として持っている異文化で、市場の分析、改善できるポイント、デザインのセンス、いろいろは日本人と違いますね。会社が大成功するために、本当に頑張りたいと思います。

製品・設計・工事などに関する相談・無料資料請求・お問合せ

#

テント倉庫のプロ集団MEMBRY(メンブリー)

テント倉庫の山口産業株式会社

総合受付はこちら

※一部古いバージョンのOSでは利用できませんのでご了承ください。

いらっしゃいませ!
ご用件をお伺いいたします。

ご参考にどうぞ!

間口: メートル

桁行: メートル

概算の本体価格は、
¥000,000,000
となっております。
※その他諸経費などは含まれてお りません。

弊社担当者からの詳細なお見積りまたはご相談をご希望のお客様は以下設問にお進みください。

御社名を入力してください。

お名前を入力してください。

メールアドレスを入力してください。

ご住所を入力してください。

郵便番号

電話番号を入力してください。

ご要望や、ご不明な点などを入力してください。

お疲れさまでした!
下記「送信する」ボタンを押下ください。確認後お客様のご連絡先宛にご連絡させていただきます。お手数ですがしばらくお待ちください。

お探しの項目をお選びください。

キーワードを入力してください。
”テント”、”倉庫”、”遊具”など

--件見つかりました!
下記「表示」ボタンを押すと
検索結果ページへご案内します。